×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホームコーヒー > 直火式エスプレッソ

抽出方法

直火式エスプレッソ

  1. 準備するもの
    • エスプレッソメーカー(マキネッタと呼ばれることもある)
    • ミルクホイッパー(カプチーノなどをいれる場合には必要)
    • 丸型フィルター(絶対に必要ではないけれど、使うとコーヒーの透明度が増す)
    • エスプレッソメーカーは上部(ポット)、中部(フィルター)、下部(フラスコ)の3つの部品から成り立っています。

    • カップ
    • エスプレッソをアレンジせずにストレートで飲むならデミタスカップを用意。
      ミルクを入れてアレンジするなら、大き目のカップを用意。
    • ガスバーナープレート
    • エスプレッソメーカーをコンロに乗せる際に使用します。
      これが無いと不安定になってメーカーが倒れることがあります(経験者は語る)。焼き網でも代用可。

    • コーヒーミル
    • 豆の状態でコーヒーを購入することをおすすめします。
      なにせ挽きたては香りがすごく良いですから。
      また、エスプレッソでは、豆を粉末状に挽く必要があります。
      トルコ式ミルなど、細かく挽くのに適したミルを使いましょう。
    • コーヒー豆
    • と、いうわけで、コーヒー豆です。
      密閉した容器に入れて、冷蔵庫で保存しておくと酸化を遅らせて香りも保てます
    • コーヒー用計量スプーン
    • ミルのお手入れ用ブラシ
    • ミルに残ったコーヒーの粉を払うためのブラシです。
      専用のブラシが見つからないので、私は水彩画用の平筆を買ってきて使っていますが。
    • 牛乳
    • カプチーノなどをいれる場合には必要。
      新鮮で冷えた成分無調整/乳脂肪分2.3%以上の牛乳をご使用ください。
  2. 実際にいれてみる
    • ポットに水を入れる
    • ポットの中に線があるので、その位置に水面を合わせるように水を入れます。

    • ポットにフィルターを乗せる
    • コーヒーミルで豆を粉末状に挽く
    • 先述のとおり、エスプレッソをいれる場合、豆は細かく挽かなければいけません。
      粉末状になるようにミルを調整します。

    • 粉をフィルターに入れ、スプーンの底などで平らに押し固める
    • フィルターの上に丸型フィルターを被せる
    • フラスコを取り付ける
    • ゆるんでいると蒸気が漏れてしまうので、 しっかりきっちり付けましょう。

    • コンロにガスバーナープレートを敷き、エスプレッソメーカーを乗せて火をつける
    • 火加減は最初は中火。
      コーヒーが吹き出してくる音がしたら、火を弱めます。
      「こぽこぽ」と音がしたら、ポットが空になった合図なので、火を消します。

      抽出が始まってから終わるまでの音(音量は実際より大きくしています)

      注意!音が出ます

    • コーヒーメーカーの取っ手を持ち、ポットに溜まったエスプレッソをカップに注ぎます
  3. カプチーノにしてみる
    • ミルクホイッパーの「MILK」のラインまで牛乳を入れ、電子レンジで1分温めます
    • 蓋をして、シャフトを動かして泡立てます
    • 泡がラインの倍の高さまでになるまで続けます。

    • 泡をエスプレッソに乗せて、カップのふちから牛乳を流し入れて完成です
ページTOPへ